最近のトラックバック

携帯・デジカメ

2010年12月13日 (月)

LYNX 3D購入

初めてのスマートフォン。まだまだ悪戦苦闘中。
それにしても、3Dは、すごい。
さすが、SHARP

2010年3月15日 (月)

ipodから更新

ipodのココログエディタを使って更新中。ネットワークに繋げるのは、自宅だけだから、まず、使わないだろうけど、ものは、試し。
iphoneの人は、使いやすいだろうね。

2007年8月11日 (土)

クレイアニメ

夏休み、家族で粘土遊び。
息子がニャッキをつくったので、クレイアニメに仕上げてみました。

1 デジカメで一こまずつ写真を撮ります。
2 ムービーメーカーに取り込みます。(オプションで、静止画の再生時間を最短にしておくと楽です)
3 タイトルを付けてできあがりです。

ついでにyoutubeにもアップしてみました。

2007年1月 7日 (日)

なおったぁ\(^_^)/

今日の記事は、写真があるわけではなく、デジカメでもなく、古い一眼レフに使う露出計の話。

ぼくの手元には「PENTAX SV」があります。このカメラとの出会いは、ここに書いてあるのですが、露出計も点いていないマニュアルフォーカスの一眼レフです。絞りやシャッタースピードは、だいたいこれくらいかなぁ、という勘に頼ってずっととってきました。

露出計がほしいなぁと思っていたある時、フリーマーケットで見つけてしまったのです。しかも500円。
「動くの?」と店のオヤジに聞くと
「さあね」と素っ気ない返事。
「きっと動かないんだろうなぁ、でも、動いたらもうけもの、、」と思って、買いました。

電池がなかったので、帰りに電気屋に寄ったのですが置いていない、、、
カメラやに行くと、かろうじて1個だけ在庫がありました。
しかし、そのパッケージには、「95年で製造中止になります」との文字が。
そう、水銀電池だったのです。
それでも、手に入ったことだし、動かそうとしてみたところ、、、

やっぱり壊れていました。

メーターが全然振れないのです。


そのまま、数年の月日が流れました。

といっても、それから一眼レフに触ることは極端に少なくなり、スナップは専らデジカメか携帯でした。
ある日、娘の写真が少ないことに気づき、埃をかぶっていたこのカメラを出してくることに。とってみると、やっぱり言い味わいの写真が撮れていて、それ以来、毎週末には子どもたちにカメラを向けるようになりました。

そして、今日。(あ、、きのうですね)
片付けをしているときに、この露出計が出てきました。
「パラしてみて、直らなかったら、捨ててしまおう」
と思い、ドライバーを手に中をあけてみました。

何とも単純な仕組み!

電源にCdS,メーター。抵抗とスイッチのみ。
あぁ、これならぼくでも作れる。
そう思いながらよく見ると、
メーターを固定しているねじが外れていました。
「どおりでメーターが動かないわけだ」
ねじを締め、導通チェックをし、あとは電池のみ。

インターネットで調べてみると、
ボタン電池でも代用ができそうだとのこと。
入れると、

メーターが動きました!!

若干、値がずれてしまいそうですが、何もないよりましですし、
一応、自分の勘とそう変わらない値を指し示してくれるので、
正常に動いているのでしょう。

これから、この露出計とカメラを持って、家族で散歩にでも行きたいなぁ、
と思う、3連休初日でした。

2006年2月 6日 (月)

衝動買い

今日、ちょっとした用事があって、閉店間際の家電量販店へ行った。そこで、中古商品を見ていたら、FinePixA201が1200円で売っていた。ちょっと前に、リサイクルショップで同じものを買ったばかりだった。そちらは5000円ほどだった。全く同じもの故に、買ってしまった。ただ、スマートメモリがなかったので、一緒に購入すると、それの方が高価だったが、、、

子どもたちに、今、持たせて写真を撮らせている。そんなとき、何万もするものは持たせられない。かといって、それほど安価なデジカメがあるわけでもない。
電源がわかりやすく、操作も比較的簡単。しかも、単3電池で駆動。学校によっては多量に準備しておき、グループなどでも持たせられるようにしているとか。

とりあえず、2台あるだけで、なんだかリッチな気持ち。
DSCF0005

2005年12月22日 (木)

子どもにデジカメ

昨日から、日直の子にデジカメをもたせている。
何を撮ってきてもいい。だから、おもしろい写真をもってくる。

一日目は、学校のシンボルツリーの前で記念写真風のをもってきた。
ありきたりの構図なのだが、木も見せたい、人も見せたいということで、初めてにしては上出来。
二日目の今日は、自分の影を撮ってきた。
まさか、2日目からこんな写真が出てくるとは思わなかった。
友達を撮ろうと思ったら、地面を撮ってしまったと入っていたものの、
カメラマンの子は、きっと、影を撮りたくて撮ったに違いない。

子どもの目で、子どもが切り取った風景。
自分自身は、それほど勉強しているわけではないのだが、
子どもの直感には、潜在的に本質を見抜く力があることを感じさせる。

これからの写真が楽しみだ。

2005年11月14日 (月)

氷が溶けるまで

微速度撮影の作品ができました。
題『氷が溶けるまで』(koori-1.wmv)
20秒に1コマ撮影したものを、1秒に30コまで再生。
(10分が1秒になっている)
時計も一緒に映しているので、時間の流れを感じることができると思います。

生成される動画はavi形式なのですが、ファイルサイズが大きくなってしまったので、
wmvに圧縮しました。(手軽に使えるエンコーダが、それだったので)

予想以上のできばえに、おもしろさを感じています。
ただ、自宅だとカメラの設置場所が限られる(デスクトップなので)ので、
影の動きや天体の移動、植物の変化の様子など、
仕事に使えそうなクリップの撮影はお預けです。

教室にPCが来たら、子どもたちが興味本位で、いろいろ使いたがるでしょう。
そのアイディア、映像が楽しみです。

2005年11月12日 (土)

webカメラ購入

先日、ふと寄ったリサイクルショップでWebカメラが売っていました。教材作りにあるといいなぁ、と漠然と考えていたので、久々に衝動買いをしてしまいました。(今月はいろいろと出費がかさむので、財布のヒモを締めていたつもりだったのですが、、、)

息子は大はしゃぎで「パパのカメラ、貸して」とあそんでいましたが、私は、うぅーんといったところ。微速度撮影、定点観測(定時撮影)が上手くできる方法はないかいろいろ探ってみたのですが、結局うまくいきませんでした。(タスクを上手く使えばできそうな気がしたのですが、、、いい方法があったら教えてください。)
しかし、フリーソフトで微速度撮影のできるものがあったので、それで遊んでみることに。

今、撮影中です。
できあがったら、公開予定。(つまらないものだけれど)

2005年9月30日 (金)

ケータイ活用授業

といっても、デジカメ機能を使ってなのですが。

算数の時間、三つの数のたし算・引き算で。

問題
たかしくんが 1こ ドングリを ひろいました。
つぎの日に 3こ ひろいました。
また、つぎの日は 2こ ひろいました。
たかしくんは、いくつドングリをもっているでしょう。

純粋無垢な1年生向けの問題に
「もらったのはどうする?」とか、
「落としたり、なくしたりしてないの?」
と、茶々を入れないように!

ドングリが1個、で、まずドングリの写真をテレビに映す。
「あーっ、どんぐりだぁー。」 ← つかみはOKだぞ

ドングリが3個で、実物を3個出す。
「いくつになる?」 「4こぉー」

「ほんとかな?じゃあ、確かめてみるよ。」
といいながら、テレビの上に3個隠し、ドングリ4個の静止画を映す。

「うぁあ!本当に入った!どうなってるの???????」
↑予想以上の反応だぁ、こっちがびっくり!

などといいながら、その場にあるものを写してはテレビに映して遊んでいます。
教科書の、問題の部分だけ写しておくのも、拡大コピーの手間がなくて便利ですぞ。

デジカメでいいじゃん?OHCがある?
その通りなんだけどさ。結局いつもポケットに入れておくのって、携帯なんだよね。
生活で校外学習の時にも、結局もっていくでしょう?
活動の様子や観察の対象をカメラに収めておいて、後で見られるし。

便利に使っています。

2005年9月 4日 (日)

電波OFFモード

前略 NTT Docomo様

つい最近、フォーマを使い始めた者でございます。
(中略)
携帯電話のマナーアップもだいぶ浸透してきていて、耳障りな着信音を聞かされることも少なくなりました。ところが、なかなか見えないところなのですが、優先席付近や病院内、飛行機内など、「電源を切らなければならないところ」でも、携帯電話を扱っている人を、未だに見かけます。
しかし、彼らの用途を見ていると、音楽を聴いたり、写真を撮ったり、スケジュールを組んでいたり、メモを取っていたり、電話番号を調べていたり、「携帯電話の機能の中で、電波の必要ないこと」をしていることがとても多いのです。
そこで、一つ、提案です。

ぜひ、電波OFFモードを作ってください。

今や、携帯電話は、その機能を超え、デジカメ代わり、ウォークマン代わり、システム手帳代わり、などなど、大きく存在意義が変容してきていることは周知の通りです。そして、電波が、時に人を傷つける諸刃の刃であることも事実です。誰もが安心して暮らせる社会に向けて、その社会的責任を果たしつつユーザーのニーズを満たすために、よろしくお願いいたします。

追伸
赤ちゃんが生まれたとき、ケータイで写真とって、待ち受けにしたいじゃん。
入院している人にお見舞いに行って、写真を見せたいじゃん。
ケータイで音楽聞いている、優先席に座るべき人っているじゃん。
飛行機の中で、ふと思いついたアイディア、メモしておきたいじゃん。(そーでもない?)
ない?そういうこと。

無線部分の電源のみを切り、内部のシステム部分は通常通り使えるようにすることです。

より以前の記事一覧

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ