最近のトラックバック

旧・体育館裏

2005年10月17日 (月)

H15.1.11 学校経営計画の反省と2学期制導入

H15.1.11
今年も学校経営計画の反省の時期が来ました。毎年行われ、改訂されていきます。
さて、今回はその中で出てきたことから、今、目の前にだされている仕事についてです。

小学校で2学期制を導入という話は聞いたことがあるでしょうか?10月半ば頃を境に前期、後期に分けよう、というものです。本校でも平成16年度から導入の予定で、その準備機関を来年度設置しようと、経営計画反省で出されました。
今までは、3学期制です。1学期は夏休みまで、2学期は冬休みまで、3学期は春休みまで。これからは、そうではなくなるのです。なぜかというと、この仕事の一番の山場は、やはり成績つけ。通知票を書くということは、それなりの時間と労力のいることなのです。週5日制が完全実施され、時間的な余裕が少なくなっている今、3回行っていたことを2回にしましょうというのです。

2学期制自体は賛否両論あるので、ここで論じるつもりはありません(個人的には、3学期制の方がいいと思う。子どもにとってみると、「努力の結果が反映されにくくなる」→「やる気がなくなる」、そうでしょう!?)。
僕が頭に来ているのは、「先を見通していない、愚かさ。または、二転三転する教育行政」に対してです。週五日制を導入して時間がなくなるなんてことは、明白の理。どこかで合理化していかなければ、という気持ちは分かりますが、今は、新指導要領に沿った教育課程(各教科で何をどういう順番で教えていくか)を編成している真っ最中。当然、3学期制が大前提です。2学期制にするとなると、少なからず再編にせまられます。だったら、何で今年度から実施にしなかったのだろう?仕事を減らすための改革が、逆に仕事を増やす結果に。
先を見通した教育を、、、と声高に叫んでいるお偉いさんのやることは、よく分かりません。

さらに腹立たしいのは、新指導要領で3割カットになった学習内容。当初の文科省(当時文部省)の見解は、「それでも問題解決能力が大切だから」と、抜本的な教育改革に踏み切ったはず。なのに、その後の学力低下が不安だという世論に押され、「最低レベルを示しただけ」と、やはり二転三転。どんな圧力がかかったか知りませんが、「土曜日がなくなり時間が少なくなる」→「内容をへらさざるを得ない」→「学力低下が懸念される」なんてこと、小学生でも分かります。そこでゆとりを持った教育を、、、はっきり言って、無理。
結局ふたを開けてみると、さらにゆとりがなくなり、理解に時間がかかる子を切り捨て、総合的な学習でも、何をやっていいのか分からない教員が、「じゃあ、学年で一緒にやりましょ?」などといいながら、児童そっちのけの押しつけ問題解決をやって、「活動あって指導・評価なし」の現状。
施行1年を待たずに(というより施行前から)10年持たないと言われる始末。
お偉いさんたちにお願い。もっと自信を持ってください。
国民総評論家時代の今、教育行政は、学級崩壊状態です。

H14.10.29 マイナスイオン

H14.10.29
今日、久しぶりに小学校時代の恩師に会いました。
ところが今回書きたいのはそのことではありません。学校関係のことでもありません。

先週末、買い物に行ったときのこと。家から車で30分ほどのところにあるショッピングモールに出かけました。エスカレーターを下りると、そこにこんな看板がありました。

「お水の専門ショップ、オープン」

週末の真っ昼間から、なんという看板と思ったら、今、はやりの健康にいい、とても素晴らしい水を売っています、とのこと。びっくりさせるなぁ、とその下の文章を読んでまたもやびっくり!!

「体に悪いプラスの電子を体にいいマイナスの電子にかえ、、、」

最近流行の「マイナスイオン」ではありません。電子(エレクトロン)です。静電気や雷のもと、あの電流の逆向きに流れている粒子のことです。私が学んできた科学では、「マイナスの電気を帯びている粒子」のはずです。確かに、この世に「反粒子」というものが存在して、電子の反粒子である陽電子というものもないわけではないと聞いています。しかし、それはすぐに電子と結合して消滅してしまうとか。
マイナスイオンが体にいい、どうも疑わしいこの話ならまだしも、陽電子です。善悪の前にどうやって安定して取り出すのでしょう?それができれば、それこそ田中さんどころの話しではないように思うのですが、、、(もはやSFの世界です。)
大々的に看板でしたが、よくよく読んでみると、家の水道水にも当てはまることばかり(陽電子は入っていないし、会っても勝手に消滅してくれるでしょ?)、、、、ということは。ペットボトルに詰めて、ネット通販でもはじめようかなぁ?

ついでにマイナスイオンの話。
マイナスイオンのみ存在することはできないでしょ?電気的な偏りができてしまうから。ということは、どこかにプラスイオンがあるのですよね。それが体に悪いんですよね、きっと。
いいものと悪いもの、足して2で割れば、普通のもの。
違うのかな?誰か教えてください。

あと、通販の「蝶々」。蛇口に付けて磁力だか遠赤外線だかで水がおいしくなるというヤツ。あれも怪しいと思うのは、私だけでしょうか?ユーザーレポートを知らせていただければと思います。

H14.10.12 運動会の作文

H14.10.12
運動会の感想を作文で書いてもらいました。今まで、作文を書いても、いまいち気持ちが入っていなかったり、ひらがなだらけの投げやりな文章だったりと、読みごたえのない作品ばかりでした。今回も子どもたちは「えー、作文?」と言っていましたが、それでも、自分のやってきたことだけあって、一生懸命書いていました。

今回のポイントは、文章の組み立て方。そして、原稿用紙の使い方。
卒業文集の作成がもうじきあり、それに向けての練習として、今回の授業を持ってきました。組み立て方に関しては、起承転結をつけること、時系列通り(それだと日記になってしまう)に書かなくてもいいことなどを話しました。原稿用紙については、基本的な書き方に加え、丁寧に、習った漢字は使う、の2点を、口がすっぱくなるほど言いました。

書き上がった作品は圧巻で、涙が流れずにはいられませんでした。私もがむしゃらになって運動会に取り組んできましたが、それ以上に子どもたちは必死になって取り組んでいたこと、そして、全力をつくし、悔しい思いはしても悔いは残っていないことを教えられ、うれしくて仕方ありませんでした。
自分で1から考え、子どもたちと相談し、作り上げてきた組体操、練習から全力でぶつかり生傷の絶えなかった騎馬戦、休み時間を使って精一杯練習したリレー。練習の時はもどかしく感じイライラすることもありました。でも、夏休みから一生懸命練習し、休み時間、放課後、家に帰っても練習し、布団に入ってもイメージトレーニングをしていた、と知り、涙があふれてきました。

筋肉痛に耐え、汗が目にしみる思いをしてもがんばってきたこと、その時々の感情が原稿用紙のますにあふれんばかりに描きだされ、その動きが感動として、まさに涙を誘う作品となったのです。

その様な作品を読むことができるこの仕事、幸せに思います。

H14.9.29 運動会の舞台裏(愚痴)

H14.9.29
今日の話は、ただの愚痴。興味がなければ、読まなくていいです。
先日、運動会が雨で延期になったのですが、体育部(教科のうち体育の仕事をする係)のため、少し早めに学校に行き、待機していました。おそらく、どこの学校でも運動会の日は少し早めの出勤で、体育の先生はそれこそ、泊まり込みで待機をしていた時代もあったとか、、、

朝、Jozeさん早かったんでしょ?お疲れ様。
という声はとてもうれしく、別に何をしたわけではないけれど、次の時もがんばろうという気持ちになりました。
ところが、その横でそもそも体育って、自分らがやっていますって感じで、朝早く来たことを自慢しあったりしてて、偉そうで、いやよねぇとの話し声が聞こえてきたのです。(聞こえるようにいったんだろうけど、、、)

こっちはそんな気なんて、全くない。何かあったとき、気は利かなくても体は動く、おまけに家もちかい、子どももいない。だから、早く行った方ががいいかなぁと思っただけだし、だからといって、遅かった人を責める気もないのに、、、。
確かに、起きるのは辛かったけど、延期でもがんばるぞと思っていた矢先のこと。これには気が滅入りました。

社会生活なので「あっちをたてればこっちが立たず」なんてことはしょっちゅうですが、「それじゃ、どうしたいんだ?」と言いたくなるような、非生産的な抽象論や私的感情のみの言葉を並べ立てるのは、正直勘弁してもらいたいです。

H14.8.31 夏休みの研修

Joze'sHomeからの移植です。

H14.8.31
やばい話を書くわけではないが、最近、自分の気持ちをHPに載せていなかったなぁ、と思い、この部屋を作った。
思えば、初任の時のうちのクラスは、かなり書きたい放題やっていた気がする。今は時間がなくて、あそこまで作る元気はないけれど、やっぱり書きたくなるんだよね。子どものこと、先生たちのこと、、、

例えば、夏休みの研修についてだって、「今は市民の目が厳しいから、家で車を洗っていたり、水やりや散歩をしていると、なんていわれるかわからないから、考えて行動してほしい」と校長がいうと、
じゃあ、何もできないじゃないですか!
と言っちゃう、おばちゃん。初めはびっくりだったけど、なれちゃうモンで、また言ってるよって呆れてる。
だって、給料もらって洗車はないでしょう?あなたの職業は何ですか!!
もちろん、立派にお仕事をしている先生がいることは事実。しかし、何してるんだかわからない先生(と呼んでいいのだろうか?)がいるのも事実。

確かに、学期末は特に忙しい。責任も重い。でも、夏休み、冬休み、春休みがとれて(もちろん休暇、年休で)、さらに安定しているこの仕事、勤務に関して、文句は言えません。(たまに愚痴は出るけど、、、)

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ