最近のトラックバック

絵・写真

2009年4月29日 (水)

イラスト・カット 「パレット」

Photo

仕事で、パレットのカットがほしかった。職場のPCでは、いいカットがあるのを知っているのだが(ジャストシステムのイラスト)あいにく、私のPCにはない。ネットで探したが、いいのがない。
そんなわけで、Inkscapeを使って描いてみました。

フリーハンドでパレットの原型を作り、曲線を修正。できあがりをコピー&ペーストで厚みを作る。絵の具代わりに楕円をいくつかの色で配置。筆は、楕円二つと、長方形。筆先はグラデーションで。水平方向に完成させたものを傾かせて、パレットの上へ。

ここまで30分ほど。
なれると、もっと自由にかけるようになるんだろうな。

この画像、非営利目的に限り、ご自由にお使いください。
コメントなどでご連絡いただけると幸いです。


2009年1月 2日 (金)

あけましておめでとうございます

09
今年も、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

今年の絵は、手書きで線を描き、ペイントで着色。草はTuxPaintで描いて、合成はGimpで。
Gimpはまだまだ使い始めなので、まずは合成(コラージュ)や写真の縁をぼかすなど、簡単な使い方から勉強中。

2007年12月30日 (日)

これまでの年賀状イラスト

Nenga02
2002年午年

Nenga03
2003年 未年

Nenga04
2004年 申年

2005
2005年 酉年

20060001
2006年 戌年 彩色したファイルが手元にないため、白黒で。

2007年は喪中だったため、描いていません。

いずれのイラストも、個人的に利用する場合、教育目的で使用する場合は、
使用していただいても構いませんが、必ずご連絡をお願いします。

ネズミのイラスト

Img002a
例年通り、イラストを描いた。
スケッチブックにペンの線画を描き、スキャナで取り込んだ後に着色。
今回は、セーターなどの素材をスキャナで取り込んでテクスチャとして使用。
編集には、ペイント、GIMP等を使いました。
私用に限り、お使いいただいて構いませんが、
いかなる場合でも、お使いになる場合は、ご連絡ください。

2007年8月21日 (火)

くれよんのくろくん

File0001
「くれよんのくろくん」のお話を読んで、子どもとお絵かき。黒地に花火。大人が描くのは、定番なんだなぁ。子どもの発想に、カンパイ。

2007年1月 7日 (日)

なおったぁ\(^_^)/

今日の記事は、写真があるわけではなく、デジカメでもなく、古い一眼レフに使う露出計の話。

ぼくの手元には「PENTAX SV」があります。このカメラとの出会いは、ここに書いてあるのですが、露出計も点いていないマニュアルフォーカスの一眼レフです。絞りやシャッタースピードは、だいたいこれくらいかなぁ、という勘に頼ってずっととってきました。

露出計がほしいなぁと思っていたある時、フリーマーケットで見つけてしまったのです。しかも500円。
「動くの?」と店のオヤジに聞くと
「さあね」と素っ気ない返事。
「きっと動かないんだろうなぁ、でも、動いたらもうけもの、、」と思って、買いました。

電池がなかったので、帰りに電気屋に寄ったのですが置いていない、、、
カメラやに行くと、かろうじて1個だけ在庫がありました。
しかし、そのパッケージには、「95年で製造中止になります」との文字が。
そう、水銀電池だったのです。
それでも、手に入ったことだし、動かそうとしてみたところ、、、

やっぱり壊れていました。

メーターが全然振れないのです。


そのまま、数年の月日が流れました。

といっても、それから一眼レフに触ることは極端に少なくなり、スナップは専らデジカメか携帯でした。
ある日、娘の写真が少ないことに気づき、埃をかぶっていたこのカメラを出してくることに。とってみると、やっぱり言い味わいの写真が撮れていて、それ以来、毎週末には子どもたちにカメラを向けるようになりました。

そして、今日。(あ、、きのうですね)
片付けをしているときに、この露出計が出てきました。
「パラしてみて、直らなかったら、捨ててしまおう」
と思い、ドライバーを手に中をあけてみました。

何とも単純な仕組み!

電源にCdS,メーター。抵抗とスイッチのみ。
あぁ、これならぼくでも作れる。
そう思いながらよく見ると、
メーターを固定しているねじが外れていました。
「どおりでメーターが動かないわけだ」
ねじを締め、導通チェックをし、あとは電池のみ。

インターネットで調べてみると、
ボタン電池でも代用ができそうだとのこと。
入れると、

メーターが動きました!!

若干、値がずれてしまいそうですが、何もないよりましですし、
一応、自分の勘とそう変わらない値を指し示してくれるので、
正常に動いているのでしょう。

これから、この露出計とカメラを持って、家族で散歩にでも行きたいなぁ、
と思う、3連休初日でした。

2006年6月12日 (月)

FinePix

Finepix
このデジカメを使って、子どもたちは思い思いの空間を切り取る。教室の風景、校庭の片隅、友達の笑顔。何でもない日常は、この機械を通して、心に刻まれる記号へと変換される。
FinePix ペン 2006.may.22

2006年3月26日 (日)

イラスト入選!!

講談社フェーマススクールズで、イラストコンテストをやっていた。たまたま、家にあった雑誌に広告があり、それで知った。

丁度、年賀状の時期で、イラストを描いていたので、ついでに、そのイラストも描いてみた。お題は「ペンギン」。
適当にデフォルメさせ、ストーリーを考えながら描いてみた。
年賀状同様、スケッチブックに輪郭を描き、スキャナで取り込んで色を塗る方法。

どーせ応募数もそれほど多くないだろう、と思って出したものだったのだが、
応募総数6000点を超える中、100名の入選作品に選ばれたのだ。

出したことすら忘れていたので、うれしいサプライズ。
応募作品が入選して賞品をもらえたのは、小学校(子供の科学)以来だなぁと思いながら、うれしくなった。

ちなみに賞品はスケッチブック。
丁度、いままで使っていたものが終わりかけていたので丁度よかった。
pengin

2005年11月14日 (月)

氷が溶けるまで

微速度撮影の作品ができました。
題『氷が溶けるまで』(koori-1.wmv)
20秒に1コマ撮影したものを、1秒に30コまで再生。
(10分が1秒になっている)
時計も一緒に映しているので、時間の流れを感じることができると思います。

生成される動画はavi形式なのですが、ファイルサイズが大きくなってしまったので、
wmvに圧縮しました。(手軽に使えるエンコーダが、それだったので)

予想以上のできばえに、おもしろさを感じています。
ただ、自宅だとカメラの設置場所が限られる(デスクトップなので)ので、
影の動きや天体の移動、植物の変化の様子など、
仕事に使えそうなクリップの撮影はお預けです。

教室にPCが来たら、子どもたちが興味本位で、いろいろ使いたがるでしょう。
そのアイディア、映像が楽しみです。

2005年9月24日 (土)

トンネルを抜けると

alps

初夏の信州。

新婚旅行に選んだ地は第二の故郷、長野だった。

長野から白馬へ抜ける山道、トンネルの出口にそびえ立つアルプスの山々に、それまで饒舌だった妻は言葉を失った。そして一言。

「ありがとう、これからもよろしく」

(2002.4 白馬村)

より以前の記事一覧

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ