最近のトラックバック

学校

2012年7月16日 (月)

評価に使用する用字用語

夏休みを前に、3学期制の学校では通知票を完成させ、学年で読み合わせたり、管理職の目を通してもらったりしていることだと思います。わたしの勤務校では2学期制をとっていて、9月に通知表を作成し、10月初旬に配付することになっています。

毎年、話題になりながら決着を見せずもやもやとしたものが残るものに、「漢字で書くのか、仮名で書くのか」という、表記の問題があります。
今年度、自分が評価の担当者になっていることから、学校としての表記の基準を作っていけないかという声を受けていろいろと調べています。
まずは、自分が勤務している自治体の例規にはこのようなものがありました。
「横浜市行政文書作成要領」の制定等について

ここでは「句点は「。」(まる)、読点は「、」(てん)を用いる。」などの記述があります。
漢字については、「「常用漢字表」(平成22年11月30日内閣告示第2号)の本表及び付表(表の見方及び使い方を含む。)とあり、さらに「漢字の音訓使用及び送り仮名の付け方については、併せて「公用文における漢字使用等について」(平成22年11月30日内閣訓令第1号)による。」としています。

自分が納得のいかなかった表記として「友だち」があった。常用漢字表付表に「友達」という表記があるにもかかわらず「友だち」とすべきという考え方をいわれたことがあったからです。
「達」の読みは「たつ」と読み「たち」と読ませることはありません。「私達」と書くことは誤りで「私たち」と書くのが正しいのです。ここまでは、常用漢字表本表の読み方によります。ところが、付表に「友達 ともだち」の表記があり、当て字として認められている漢字の使い方なのです。

もう一つ「子ども」があります。「子どもは「お供えものではない」という考えから「子供」とは書かない。」と、学生時代から指導された記憶があります。私的な文書では「個人の信条によりこのように表記します」というのは認められるとしても、「公文書」としての性格をもつ通知票でそれが許されるかというと、微妙なところです。そう思って調べたら、ありました。先の内閣訓令第1号別紙に「次のような接尾語は,原則として,仮名で書く。例 ども(私ども)」(ほかの例は省略)との記述があったのです。
つまり、「子」に複数を表す接尾語「ども」が添えられているという解釈です。最近の用例を見ると「一人の子ども」という場合もあり、矛盾しているようにも感じられますが、言葉の使われ方の変化とみると、わたし自身は納得できました。

常用漢字表にあるとおり、これらは「漢字使用の目安」であり、「うちの子がもらってきた通知票が常用漢字表と違う!」と学校にクレームをつけるのは違うと思います。電算化にともない限られた字数でより具体的に伝えようとするあまり漢字が多くなってしまったり、語感を大切にすることから平仮名をつかったりすることもあるからです。よく分からない場合は担任の先生に尋ねてみることをおすすめします。

なお、このブログについては、個人的な文章のため、漢字の使い方について厳密ではないことをご了承ください。

2011年10月 1日 (土)

国語の授業研

重点研終了。
10年以上教員をやっていて、初めての国語の授業研。いろいろと授業も実践提案も見てきていたけれど、授業提案をするのははじめて。

恥ずかしながら、基礎的なことができていなかった。授業の構成とか。こどもたちの見とりとか、支援とか。
でも、もっているもの全てをさらけ出し、見てもらい、意見をもらい、指導をもらった授業。
これで、また一つ自分の経験値を上げることができたと実感。

成果の一つめは、物語の読解の授業のすすめ方がつかめたこと。今まで、手探りで、何となくやってきていたことの正しかったところと、まちがっていたところが、はっきりしてきた。

二つめは、何年かぶりに、本時で視聴覚機器を使わなかったこと。これまで、必ずこだわって使ってきたのだが、今回はそれまでのところでふんだんに使い、本時では出さなかった。こどもたちの成長が授業に表れていた。

三つめは、板書を写さない授業。子どもたちが話し合いを深めるためには、あってしかるべき手だてだと感じた。しかも、研究協議でも、これまでの足跡がはっきりとわかっていい。

今回も、チャレンジできた。
斬られまくりの研究協議だったけど、心地よかった。

2011年7月 6日 (水)

メディア教育研究会のご案内

~~~~~第21回「メディア教育研究会」のお知らせ~~~~~
■今月の特集のテーマ
「さし絵を使用した文学的文章の読みの指導~大造じいさんとガンを中心に~」
筑波大学附属小学校 青山由紀先生

 新指導要領が実施されてから3ヶ月。私の勤務校では、今年
度の重点研究で国語に取り組んでいます。言語活動の充実がクローズアップされ
ている中、国語における言語活動の充実といわれても、「どうすればいいのかわ
からない」「やってみたけど、これでいいのかな?」そんな声が聞こえてきます。
 そこで、青山先生の実践を通して言語活動とはどういうものなのか、また、こ
の研究会でたびたび話題になっている「映像と言葉の往復」「子ども同士がつな
がる授業デザイン」などが青山先生の実践の中でどのように仕組まれているの
か、みなさんとともに考えていくことで、明日への実践につなげていきたいと考
えています。
 よろしくお願いいたします。

■日時:7月15日(金)午後7時~8時45分 
■会場:横浜開港記念会館 6号室にて
    http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/kaikou/
     JR関内駅より徒歩10分。
    みなとみらい線日本大通り駅より徒歩1分。
■会費:200円(資料&会場費)
■参加申し込み
○Webから登録をお願いします。 http://npy.jp/med/
(セキュリティチェックが厳しい場合はケータイ電話または自宅環境からのアク
セスをお願いします)
○キャンセルは、med-jim@npy.jpへお知らせください。
○懇親会の直前キャンセルはキャンセル料をいただく場合がございますのでご了
承ください。
■プログラム
19:00~ 事務局あいさつ
     リレーコラムタイム
     講師紹介
19:20~ 今月の特集タイム
19:50~ グループディスカッションタイム
20:20~ 深めるタイム
20:25~ お勧めタイム
20:35~ 中川先生コメントタイム
20:45~ 事務局よりの連絡

■懇親会
湘南茅ヶ崎「道」
¥3500(飲み放題付)

■今月の担当:平野大二郎(横浜市立庄戸小学校)
yhb10411@nifty.ne.jp

■本研究会は,(財)学習ソフトウエア情報研究センターの助成を受けて運営を
しています。

□□□メディア教育研究会とは□□□
2008年1月に発足し、隔月1回金曜日開催で進めています。
趣 旨:学校現場におけるメディアと授業の関わりを軸に、互いの実践を交換し
合い、お互いの授業づくりに生かしていく。」
(メディア=ひと・もの・こと相互をつなげる媒介)
代 表:中川一史(放送大学教授)
事務局:小中学校教員4名、市民ボランティア2名
参加者:学校現場の先生、ICT企業の方、学生、教育行政の方、保護者、時には
子どもたちも。会員制度はなく、MLによる情報共有でつながっています。希望者
は、研究会当日メールアドレスを受付にお知らせください。様々なコラボが生ま
れてくのが楽しいです。

2011年4月 9日 (土)

新年度が始まり・・・

横浜市立学校では、1つの学校にいられる年限が初任校で4年、そのほかで6年という目安が決められています。ちなみに、統廃合になった場合、勤務地は変わらずとも、新しい学校の扱いになります。また、学校の事情によって、この年数以上、いられることもあるようです。
さて、私も、今の勤務校で6年目になりました。異動の有無にかかわらず、少しずつ、自分だけが請け負ってきた仕事(パソコン関係や、放送関係など)を後任へ伝えていくようにしています。

2010年10月27日 (水)

教え子が母校に

初任の時に担任していた児童(今はもう、立派な学生さん)が、ボランティアで母校に通うことになったそうだ。週1回ということだが、全くもって、うれしい限り。
あのころの僕といったら、右も左もわからず、本当に彼ら・彼女らと保護者の皆様に育ててもらったんだなぁと、実感している今日この頃。
そんな教え子が、母校に戻ってきてくれるということが、何よりもうれしい。

つらいこともあるかもしれないけれど、君の味方はたくさんいる。だからがんばってほしい。

というメッセージが、届きますように。

一応、職場にも教え子にも保護者にも知らせていないブログだから、届かないと思うけど。

2010年9月18日 (土)

前任校の運動会

今日は、前任校の運動会だった。当時一年生だったクラスの子どもたちは6年生。学校を引っ張っていく立場に。
午後から駆けつけたのだけど、応援合戦などは、児童数が多いこともあり大迫力。
騎馬戦では、大将がクラスの子だった。入学当初は、甘えん坊さんだったのに、ばっちり大役を務めていて、感動!
特に大将戦では、途中仕切り直しも入るほどの接戦。騎馬が崩れる直前にはちまきを勝ち取り、見事勝利!!
演技は、短い練習にもかかわらず、ばっちりと踊りきることができていた。1年生の時には、自分が朝礼台で指揮をしていただけに、目頭が熱くなった。一つひとつの動きに気持ちがこもっていた。
リレーでは、思い出深い子がアンカーで出場。身長も高くなり、なかなかのイケメンになっていた。しかも、かっこいい走り。鳥肌たちっぱなし!
保護者の皆さんともたくさんはなす事ができて、とっても満足。
でも、こうやって子どもたちに会えるのも、これが最後かもしれないと思うと、寂しいなぁ。

2010年8月25日 (水)

あさってから、前期後半開始

がんばるでぇ!

2010年7月27日 (火)

10年次研

今年で教職11年目。
教員は、昨年度から始まった「教員免許更新講習」とともに、「10年次研修」「20年次研修」などがあります。
これって、私と同い年で、同期採用だと、ダブルヘッダーになるんですね。しかも、10年ごとに。
教員免許更新講習の制度を作った人たちは、この事実を知っているのか知らんと思います。全く。

さて、今日は10年次研修の全体会2日目。
学校マネージメントやら教育法規やら勉強してきました。
演習をしつつ講義なので、なかなか楽しかったです。

今週はあと3日、いろいろな研修が目白押し。楽しみ楽しみ。

2010年2月24日 (水)

ふぅ

児童指導で苦慮。とても難しい。
地道に、向き合い、語り合っていくしかあるまい。

あぁ、こういうのを、Twitterでつぶやけばいいのか。

2009年8月 5日 (水)

神奈川県視聴覚教育・放送教育夏季合同特別研修会

「カラフル!」の実践提案。
なかなか教科領域での位置づけは難しいけど、子どもが変容していくことは確か。
なんだか元気をもらった一日だった。
(その分、大きな課題も見えたけど)

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ