最近のトラックバック

« 第26回「メディア教育研究会」のお知らせ | トップページ | CD125Tベンリーのヘルメットホルダー »

2012年6月 3日 (日)

CD125Tベンリーのウィンカーの接触不良

ウィンカーはベンリーに乗り始めてすぐに交換したパーツ。
(写真入りの記事はこちらから)

サイドスタンドで駐輪しておくと、少しずつ雨水が入るらしく、左側の接触が悪くなっていた。球切れしたり、スイッチを入れても点灯しなかったり。
先日も球の交換をしたばかりで、また、反応が悪くなっていた。
特に困ったのは、回転数が低いときのウィンカー。電圧の関係か、エンジンを回すと点灯するのだけれど、アイドリング程度だとつかないこともしばしば。バッテリーも疑ってみたけれど、電圧が落ちているわけでもなく、どうも、接触らしい。

そんなわけで、今日は、ルーターを使ってソケットの中のさびをガッツリと削り取った。

おかげで、しっかり電導するようになり、元気よく光るようになりましたとさ。

そうそう、前回、球切れしたときに、少しでも防水になればと、練りケシをコードの隙間に押し込んでおきました。どれほどの効果があるかわかりませんが、今の所、悪くない感じ。ついでに、556も吹きかけておいたので、しばらくは大丈夫でしょう。

« 第26回「メディア教育研究会」のお知らせ | トップページ | CD125Tベンリーのヘルメットホルダー »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31528/54867925

この記事へのトラックバック一覧です: CD125Tベンリーのウィンカーの接触不良:

« 第26回「メディア教育研究会」のお知らせ | トップページ | CD125Tベンリーのヘルメットホルダー »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ