最近のトラックバック

« CD125Tベンリーメンテナンス | トップページ | 第26回「メディア教育研究会」のお知らせ »

2012年4月10日 (火)

CD125Tベンリーのワイヤーの取り回しをいじったら、、、

なんだか変なタイミングの時に、エンジンが噴けてしまうようになった。
グリップは握っているんだけど、スロットルは開いていないのに。
症状を検証していくと、ハンドルを右一杯に切ったときに、そうなっていることがわかった。

先日のメンテナンスの際に、ワイヤーをすっきりさせようと、アクセルワイヤーも取り回しを少し変更した。
その影響で、ワイヤーが引っ張られ、スロットルを開いた状態になっていたのだ。

気がついてよかった。
Uターンなどでいきなり回転数が上がったら、きっとビビッて転倒したりしていただろう。

« CD125Tベンリーメンテナンス | トップページ | 第26回「メディア教育研究会」のお知らせ »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31528/54441654

この記事へのトラックバック一覧です: CD125Tベンリーのワイヤーの取り回しをいじったら、、、:

« CD125Tベンリーメンテナンス | トップページ | 第26回「メディア教育研究会」のお知らせ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ