最近のトラックバック

« あなたは「寝つき」のいいほう? | トップページ | 第22回メディア教育研究会のご案内 »

2011年8月29日 (月)

信号反応

1 水85mlを500mlペットボトルに入れる。
2 水酸化ナトリウム約2.5gをペットボトルに入れて、溶かす。(発熱に注意)
3 ブドウ糖約2.5gをペットボトルに入れて溶かす。(薬局に売っているサプリメント的なものでOK)
4 青色2号が使われている入浴剤(クールバスクリンなど)を4gぐらい、ペットボトルに入れて溶かす。

黄色い液体が一振りすると赤く変色。さらに振り続けると黄緑に。
しばらくすると赤→黄色と、色がもどります。

青色2号が酸化還元反応をすることで変色するとか。理論的には難しいけれど、小学校にある薬品だけでできるお手軽実験。しかも、理科のおもしろさ満載!!
是非おためしあれ。

ただし、水酸化ナトリウムは非常に危険な薬品であり、できあがった水溶液も強アルカリ性です。くれぐれもご注意ください。事故等に関しては、一切責任を負いかねます。

« あなたは「寝つき」のいいほう? | トップページ | 第22回メディア教育研究会のご案内 »

コメント

初めまして。
信号反応おもしろそうだったので、実験してみました。ただ、青色2号が含まれている入浴剤でためしたのですが、うまく反応しませんでした。やはりクールバスクリンがよいのでしょうか?ご返答いただけると助かります。宜しくお願いします。

実験していただいたのですね。ありがとうございます。青色二号の他に色素が入っていると、反応が見えにくいのかも知れません。この混合溶液も黄色→赤色(褐色)→黄緑色と、青とはまったく違う色になります。したがって、元々の色が黄緑など別な色だと、反応が見えにくい可能性があります。この時期、クールバスクリンが手に入りにくいですね。手にはいるのであれば、インジコカルミン(青色2号そのもの)を使うのが確実ですし、発色もきれいです。(学校教材などで入手できるようです。)成功するといいですね。できましたら、是非お知らせください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31528/52592573

この記事へのトラックバック一覧です: 信号反応:

« あなたは「寝つき」のいいほう? | トップページ | 第22回メディア教育研究会のご案内 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ