最近のトラックバック

« Ubuntuでたまに日本語入力ができなくなる | トップページ | テールランプも交換した »

2010年1月 5日 (火)

CD125Tのウィンカー交換

自分へのお年玉として、買ってきてしまいました。
簡単にできると思いきや、結構大変でした。

フロントウィンカーのコネクタは、ヘッドライトの中にあるのは知っていたので、比較的短時間で交換できました。ただ、コネクタが、買ってきたものの方が小さくソケット側(本体側)を潰して、抜けないようにする必要がありました。

大変だったのはリアウィンカー。
コネクタがある場所が分からず、たどっていくと、シートの下で結線されているではないですか。しかも、リアフェンダーの中をコードが通っています。結局、キャリア、シートだけでなく、フェンダーも取り外し、やっとこさ交換ができました。
取り付けて(これもなかなかうまくできず大変だったのですが)みると、コードが足りない(>_<)
純正のコードを切り、継ぎ足して無理やりくっつけました。

それぞれのパーツを元に戻して、ほっと一息。

でも、15Wの電球だったのでやたらと速い点滅。何だかとってもかっこ悪い。

あした、仕事の前にパッと換えてしまえるかなぁ?
そうそう、写真を撮りそびれたので、後日アップします。

« Ubuntuでたまに日本語入力ができなくなる | トップページ | テールランプも交換した »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31528/47215422

この記事へのトラックバック一覧です: CD125Tのウィンカー交換:

« Ubuntuでたまに日本語入力ができなくなる | トップページ | テールランプも交換した »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ