最近のトラックバック

« Ubuntuのgedit | トップページ | クレヨンで塗ったみたい »

2009年11月10日 (火)

子どもの命名

なぜ親は子供に「変な名前」をつけるのか?
ネット上で色々と語られているようですが、読んでいて胸が痛くなる言葉がたくさんありました。
それぞれが、ご自身の経験をもとに、受け入れられない名前を具体的に挙げながら批判を連ねているのです。

たとえそれが、あなたにとって馴染みのない名前だったとしても、それをネット上で批判することは、その名前の人にとってみたら、とても悲しいことだと思います。

子どもは、自分の名前の善し悪しを、周りの人の反応を見て学んでいくのだと考えています。本人がそれほど気に入っていなかったとしても「いい名前だね。」「すてきな名前だね。」と、繰り返し、たくさんの人から言われることで、だんだんその気になってきます。逆も、また、然り。

名前そのもののことを言っているのであって、人を傷つけるつもりはないのかも知れない。でも、あまりにも独善的で、ときに、感情的に書かれている言葉に、読んでいて辛くなりました。

批判している方が
「名前を付けられた子がかわいそう」
とコメントしていましたが、
「かわいそう」と書かれていることが、かわいそうなのであって、このコメントがその子を傷つけているのではとおもうと、切ない限りです。

どんな名前でも、誇りに思えるようにしてあげることができたら、これほどすてきなことはありません。そのために、自分にはどんなことができるのか、考えさせられました。

« Ubuntuのgedit | トップページ | クレヨンで塗ったみたい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31528/46730473

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの命名:

« Ubuntuのgedit | トップページ | クレヨンで塗ったみたい »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ