最近のトラックバック

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月30日 (月)

kohei復活!!

先日、FM Yokohamaを聞いていたら、心地よいギター&ボーカルが。
「koheiみたい・・・」
と思っていたら、本人だった。

http://kohei-sakai.seesaa.net/article/116343790.html
オフィシャルサイト&ブログも、立ち上がっていたし、
4月22日にはソロアルバムだって!!

NudeVoice解散の時は、どうするのか心配だったけど、
がんばっているんだね!!
うれしいなぁ!!!

4月から本名で。

ブログの話ではなく、仕事の上でのこと。

結婚以来、通称を使ってきたのですが、4月から本名にすることにしました。

一番の理由は、息子が大きくなったこと。
あと一年で小学校に入学する。息子自身は、通称について「そんなものかな?」と、思っていると思う。しかし、小学生の友達は、そうはいかないだろう。

友達「何で、おまえの父さん、名字が違うんだ?」
息子「芸名みたいなものだって、いっていたよ。」
友達「そんなの、あり得ないよ。」
息子「・・・」

こんなやりとりが、教室であるかも知れない。
そのきっかけは、

先生「おお、君がJoze先生の息子か。」
息子「・・・。はい。」

こんな先生の言葉かも知れない。

自分が好きで名乗っていて不便なのは一向に構わないし、子どもでも、途中で姓が変わるなど複雑な家庭もあるので、『そんなのも、あり』という多様性を認める教育上、便利に使っていた。
でも、自分の好き勝手で、息子がいやな思いをするのは、申し訳ない。ぐれてからでは遅いので、親として、けじめをつけようと思った次第だ。

保護者間では、色々な噂が飛び交うのかも、、、知れないなぁ

2009年3月25日 (水)

eeePCのSSD交換&リカバリ

eeePC901を使って3ヶ月。
いろいろなソフトをインストールしていたら、あっという間にCドライブがいっぱいに。そのうち、ウイルスセキュリティーzeroのアップデートができなくなってしまった。
Cドライブ容量不足が問題だったのかどうかは不明だったのだが、いずれにしても、困ってしまったので、SSDを載せ替えることにした。

秋葉原のソフマップで6800円で32GBのものを中古で購入。
早速載せ替えた。
裏返して、ねじを4カ所はずしてカバーをとる。(バッテリーをはずすの忘れずに)
SSDのねじを二つ、外すと、斜めに跳ね上がってくるので、取り替える。
後はねじを締め、ふたをはめれば完成。
正味、五分ほど。

が、認識しない。

「フォーマット、できていないのかなぁ」と思い、USBブートのUbuntuでフォーマット、、、、

・・・?あれ?

Cドライブをフォーマットしてしまった(゜_゜)

当然、起動しない。
ネットで検索すると、
SDHC・USBメモリでリカバリ
というサイトが。
この通りにやってみた。

・・・? できない(*_*)

ニッチも、さっちも。

翌日。
よくよく見てみると、「ntldr」のスペルを間違っていた(--;)

おかげさまで、リカバリ成功。
ついでに、Ubuntuとデュアルブートにしました。
eeePCのUbuntuの研究は、これから!?

2009年3月20日 (金)

春
昨日、卒業式が無事終わりました。
現任校では初、持ち上がりでないのも初、六年学年主任も初。保護者に支えられた一年でした。

今日は、朝からおでかけ。から駅に行く途中、かわいらしい春を見つけました。

2009年3月 3日 (火)

お風呂の底の方は、何故冷たいか。

理科場慣れが進んでいるといわれている。確かに、日常生活から科学につながるところが、技術の発達に伴って見えにくくなっているんだと思う。
フィルムカメラは、映像が光としてレンズを通り、印画紙を感光させる。フィルムを装填せず、裏を開けたまま、シャッターを切ると、一瞬、向こう側が見える。(先日、息子が見つけて、得意気に教えてくれた)
デジカメだと、こうはいかない。

お風呂も、そうだと思う。
ウチは、蛇口をひねって水を張り、ガスで沸かす。でも、最近は、ボタン一つでしょ?
時間が経つと水がたまる。時間に比例する。
沸かしたお湯は、上が熱くて下が冷たい。
さわって、やけどしそうでも、よく混ぜるとぬるかったりする。
そういった経験が、ない子が増えているのだ。

今日、お風呂で、息子に聞いてみた。
私「底の方が冷たくて、上の方が熱いことあるじゃん。何でだと思う?」
子「だんだんさあ、時間が経つと、追い出されちゃうんだよ。」
私「何が?」
子「熱いお湯が。」
私「へぇ。だから上だけ熱くなるんだ。」
子「そうだと思う。」

自分なりの解釈をして、世界をとらえようとしているんだ。
それが現実と違うことに気づいたとき、新たな理論を求めていく。
そうやって身につけていった知識は、新しい理論に塗り替えられる(天動説から地動説へ、古典力学から相対性理論へと代わっていったように)ことがあったとしても、丸暗記の知識と違って、身になるんだろうな。

なにより、子どもの発想は、本当におもしろい。
ここ2年、教えていない
(去年は2年生なので生活科。今年は教科担任で隣のクラスの先生が教えている)

けど、

やっぱり理科の授業が、好きだ。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ