最近のトラックバック

« 誰のための卒業式なのか、、、 | トップページ | 5.黄金の3日間(前) »

2008年3月 3日 (月)

4.子どもと初対面

初任の頃の回想記 4
~・~・~・~・~・~・~
出席簿、手帳(昔、えんま帳と呼んでいた)、配布物を手に階段を上り、廊下に出ました。廊下の一番奥の教室が私の教室です。
2,3人の子どもが廊下で遊んでいましたが、僕のことをしばらく見つめた後、教室に入りました。彼らにちょっと遅れて教室にはいると、それまでざわついていた教室が静かになりました。

僕も先生になったんだぁ。

彼らの反応を見て、改めて実感しました。

黒板に名前を書き、簡単に自己紹介をしました。
名前の読み方、先月まで大学生だったこと、学生時代は長野に住んでいたこと、今は親と一緒に大船に住んでいることを簡単な日本地図を書いて説明しました。
その後、出席を取ったのですが、困ったことに気づきました。

事前に読み方を調べていなかった!

名字は何とか読めたのですが、みんなしゃれた名前ばかりで全然読めないのです。
名前がわからないなんて失礼なやつだ、と自己嫌悪に陥りつつも子どもに読み方を教わり、どうにか出席も取り終わりました。

その後は、配布物を配り、翌日の連絡をしてすぐに下校にしました。

« 誰のための卒業式なのか、、、 | トップページ | 5.黄金の3日間(前) »

教師1年目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31528/40360117

この記事へのトラックバック一覧です: 4.子どもと初対面:

« 誰のための卒業式なのか、、、 | トップページ | 5.黄金の3日間(前) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ