最近のトラックバック

« 11.初めてのテスト | トップページ | 今年度は、、、 »

2008年3月21日 (金)

12.一ヶ月で見えてきたもの

初任の頃の回想記 12
~・~・~・~・~・~・~
あっという間に、一月以上経ちました。
給食の時、準備の仕方になかなか慣れず、子どもに
「まだ一ヶ月だから、まだ慣れなくてねぇ」
というと、

「先生何いってるの?もう、一ヶ月も経つんだよ!」

10年ほどしか生きていない彼らにとって、一ヶ月とはとても長い時間だったのです。そのことに気づかず、わき目もふらず突っ走った僕にとって、とてもショックな言葉でした。

この言葉を子どもから聞いた頃から、だんだんとクラスの雰囲気が見えてきました。僕がクラスのことをわかってきたこともあるでしょうし、子どもたちが僕に慣れて本性を現してきたのかもしれません。

友達同士の関係の雰囲気が良くないのでは、、、

些細なことで友達をたたき、たたかれた方はたたき返す、ということや、自己中心的な発言や行動で友達を傷つけるなど、相手の気持ちを考えることがなかなかできていないのです。まあ、小学生にはよくあることですし、あまり気にすることはないとは思うのです。

しかし、このまま何も手を打たずに野放しにしておくのはあまりにも危険すぎる気がするのです。

クラスでまとまれるように、共通の目標(たとえば、ドッチボールなど)に向けてがんばるということや、日々の子どもたちのへの声かけなどがこの問題の解決策になるのだろう、と思い、地道な努力をして行かなくては、と思いました。

最初の一ヶ月でそのクラスが決まる

といいますが、果たしてうちのクラスは、どうなる事やら、、、

« 11.初めてのテスト | トップページ | 今年度は、、、 »

教師1年目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31528/40579971

この記事へのトラックバック一覧です: 12.一ヶ月で見えてきたもの:

« 11.初めてのテスト | トップページ | 今年度は、、、 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ