最近のトラックバック

« 息子の散髪 | トップページ | 教え子からのメール »

2006年3月 5日 (日)

リアル戦争・仮想戦争

リアル戦争・仮想戦争
燃え尽きればいいが、、、、
実社会に飛び火しないことを願う。

戦争が絶対にあり得ないと感じるのは、親になったからでもなく、「生」を生業としているからでもないと思う。
戦中生まれの親父が、幼き日に体験したリアルな戦争を、できる限り僕らに伝えてくれたからだと思う。

教壇に立ち、子どもたちの戦争に対する意識の中にリアリティーが薄いことをものすごく感じる。時間がたつことで、歴史が埋もれていくというのを、この目で見ているようだ。いくら学校で扱っても、本の中、教科書の中、テレビの中、おじいちゃんおばあちゃんの昔話でしかない。
さらに、近くの山にあった防空壕、トーチカ、高射砲台などの戦争遺跡も、マンションへと形を変えてしまい、一層過去のものとして、現実味がなくなっていく。

近い将来、本当に戦争をしそうな気がしてならない。戦争を知る世代が高齢化でその声が小さくなり、戦後派に育てられた世代(私たちだ)が社会の中心になり、その子たちが兵士としての適齢を向かえた頃。

「駄目なものはダメ」
理由はともあれ、戦争反対。

« 息子の散髪 | トップページ | 教え子からのメール »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31528/8960943

この記事へのトラックバック一覧です: リアル戦争・仮想戦争:

« 息子の散髪 | トップページ | 教え子からのメール »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ