最近のトラックバック

« 元自宅跡地にて思う | トップページ | 情報教育研修会 »

2005年12月15日 (木)

教室にプロジェクター

校内LANができあがったのが去年のこと。そのご褒美(?)として、教室1台のPCと、学校3台のプロジェクターが来た。早速、授業で使ってみた。

休み時間のうちにプロジェクターとスクリーン(マグネット式、ホワイトボードにもなる)の位置を確認しておく。
授業が始まり、しばらくしてから機器を出して、見せてみると

「映画を見た~い!」
「影絵ができるね!」

などと、授業とは関係のないところで盛り上がる。
調子に乗って、プロジェクターの前に立ちはだかると、

「あぁ、見えなくなっちゃった」
「先生のおしりに映ってるよ~!!」「ひゃぁ~」「うへぇ~」

こうなると、もう、動物園状態。
それでも一応、立て直して、なんとか授業終了。

視聴覚教育では「無理に機器を使おうとしないこと」という鉄則があるのだが、敢えてそれを無視して、とりあえず使ってみた。
これから学年が進むにつれて、自分たちがこういった機器を使うようになっていく下地として、授業で見ている経験が生きてくればなぁと願っている。

それにしても、「安易にデジタルコンテンツを使うものではない。十分内容を吟味して、本当に効果的なのか検討してから実践するべきだ」といっていた指導主事のことばを、身にしみて感じた1時間だった。

« 元自宅跡地にて思う | トップページ | 情報教育研修会 »

学校」カテゴリの記事

情報教育・教育の情報化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31528/7625141

この記事へのトラックバック一覧です: 教室にプロジェクター:

« 元自宅跡地にて思う | トップページ | 情報教育研修会 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ