最近のトラックバック

« 氷が溶けるまで | トップページ | 異なる集団における話題のシンクロ »

2005年11月16日 (水)

■小中学生の情報セキュリティ実態調査■

■小中学生の情報セキュリティ実態調査■
なかなかおもしろい。

学校にいて、実感として感じられる部分と、家庭とのギャップに埋もれて気付かなかった部分と、いろいろ。いずれにしても、家庭での情報セキュリティーはきわめて低いと思われる。
とくに、親が思っている以上に子どもはインターネットなどにふれているというところ。

自分たちも「親に内緒」でいたずらをしたものだが、所詮身近な社会での中だった。
ところが、今の子の「いたずら」の先は混沌とした実社会につながっているところが本当にこわい。
親として、防犯ベルと同じ、またはそれ以上に気にかけなければいけないことだと思う。

« 氷が溶けるまで | トップページ | 異なる集団における話題のシンクロ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

学校」カテゴリの記事

情報教育・教育の情報化」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31528/7134857

この記事へのトラックバック一覧です: ■小中学生の情報セキュリティ実態調査■:

« 氷が溶けるまで | トップページ | 異なる集団における話題のシンクロ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ