最近のトラックバック

« H14.10.12 運動会の作文 | トップページ | H15.1.11 学校経営計画の反省と2学期制導入 »

2005年10月17日 (月)

H14.10.29 マイナスイオン

H14.10.29
今日、久しぶりに小学校時代の恩師に会いました。
ところが今回書きたいのはそのことではありません。学校関係のことでもありません。

先週末、買い物に行ったときのこと。家から車で30分ほどのところにあるショッピングモールに出かけました。エスカレーターを下りると、そこにこんな看板がありました。

「お水の専門ショップ、オープン」

週末の真っ昼間から、なんという看板と思ったら、今、はやりの健康にいい、とても素晴らしい水を売っています、とのこと。びっくりさせるなぁ、とその下の文章を読んでまたもやびっくり!!

「体に悪いプラスの電子を体にいいマイナスの電子にかえ、、、」

最近流行の「マイナスイオン」ではありません。電子(エレクトロン)です。静電気や雷のもと、あの電流の逆向きに流れている粒子のことです。私が学んできた科学では、「マイナスの電気を帯びている粒子」のはずです。確かに、この世に「反粒子」というものが存在して、電子の反粒子である陽電子というものもないわけではないと聞いています。しかし、それはすぐに電子と結合して消滅してしまうとか。
マイナスイオンが体にいい、どうも疑わしいこの話ならまだしも、陽電子です。善悪の前にどうやって安定して取り出すのでしょう?それができれば、それこそ田中さんどころの話しではないように思うのですが、、、(もはやSFの世界です。)
大々的に看板でしたが、よくよく読んでみると、家の水道水にも当てはまることばかり(陽電子は入っていないし、会っても勝手に消滅してくれるでしょ?)、、、、ということは。ペットボトルに詰めて、ネット通販でもはじめようかなぁ?

ついでにマイナスイオンの話。
マイナスイオンのみ存在することはできないでしょ?電気的な偏りができてしまうから。ということは、どこかにプラスイオンがあるのですよね。それが体に悪いんですよね、きっと。
いいものと悪いもの、足して2で割れば、普通のもの。
違うのかな?誰か教えてください。

あと、通販の「蝶々」。蛇口に付けて磁力だか遠赤外線だかで水がおいしくなるというヤツ。あれも怪しいと思うのは、私だけでしょうか?ユーザーレポートを知らせていただければと思います。

« H14.10.12 運動会の作文 | トップページ | H15.1.11 学校経営計画の反省と2学期制導入 »

旧・体育館裏」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31528/6433907

この記事へのトラックバック一覧です: H14.10.29 マイナスイオン:

« H14.10.12 運動会の作文 | トップページ | H15.1.11 学校経営計画の反省と2学期制導入 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ