最近のトラックバック

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月

2005年2月22日 (火)

インフルエンザ大流行

今週に入り、うちの小学校の病欠人数が爆発的に増えた。
先週まで70人前後で、うちのクラスは0~2名程度だったのに、今週は150名を超える欠席。学級によっては半数以上が欠席だそうな。うちのクラスでも10名弱のお休み。大半が風邪だけれども、インフルエンザが今後もふえそうな予感。

今週いっぱい、2時間遅れの登校になる。暖かくなってから行動を始めることが、体力のない子どもたちには特に、効果があるそうな。その分、ゆっくり寝られて体力も戻るしね。

かといって、先生はふだん通り出勤。当たり前です。
授業をしない分、時間にゆとりができるが、子どもがいないと仕事にならないことが多く、朝の2時間の大切さを痛感。

みんなぁ~!早く元気になぁ~れ!!

2005年2月 4日 (金)

がんばりを見てくれていた人

先日、とある研究会に出席したとき、とある指導主事(教育委員会の「先生」)から声をかけられた。

今度、新しい研究を始めようと計画があがっているけれども、、、という話だった。予算がきまる前のことだったし、計画自体もどうなるかよく分からない。ただ、そういったときに、声をかけてくれたと言うことがうれしかった。

人によっては、「研究をしても、子どもから離れてしまっては、仕方がない。この仕事は子どもの前に立ってこそが勝負だ」と言う。しかし、研究を重ねている人々がいるからこそ、子どもにより多くのものを返していけることがあるのだとも思う。自分が得意とする部分を生かした研究が出来るのなら、それが、目の前の子どもだけではなく、他の学校の子どもたちまでもがいきいきと活動することにつながるのなら、がんばっていきたいと思った。

などとかきながら、
「なかったことに、、、、」と言われたりして。

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ