最近のトラックバック

« 転入生の笑顔 | トップページ | 中学受験に対する考え方 »

2005年1月27日 (木)

大好きな先生に指された。

今日、作文の会があり、恩師に会ってきた。
月に一度、といっても、今年は大会等がありあまり集まれなかったようだけれども、声をかけてもらったときは、できるだけ参加するようにしている。「joze君、2月は提案してみませんか?」と帰りがけに言われ、ちょっと戸惑ってはいるが、、、

日本作文の会自体は大きな組織だが、私が出席している会はとても小さい。いつも数名がお茶とお菓子を持ち寄って、提案をして、作品の背景にある子どもの姿に迫り、質問や意見をしあうところだ。

いつも、会に出ると、小学校時代の恩師の授業を受けているような錯覚に陥る。

1-1,2-1のクラス。「joze君、すごいねぇ、よくがんばったねぇ」いつもいいところを見つけてくれる優しい先生。一人ひとり、問題を抱えている友達もいたし、自分も友達とのことで悩みも抱えていた。
それでも、先生と一緒に遊ぶのが楽しくて、一緒に勉強するのが楽しくて、日記を先生に読んでもらうのが大好きで、文集(学級通信)に載るのが楽しみで、いっぱい笑って、たまに泣いて、いつも泥だらけで遊んでいたあのころ。
ガラガラいう鉄のサッシの第1校舎や油性ワックスの油臭さがなかなかとれない第2校舎で先生と過ごした2年間。

会うたびに、あのころを思い出す。
居心地の良さ。温かい香り。やわらかい光。

のほほんと、授業を受けていたら、突然先生に指名された。
次の提案を控えて、今、まさにそんな子どもの気持ちと同じ。

« 転入生の笑顔 | トップページ | 中学受験に対する考え方 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31528/2707592

この記事へのトラックバック一覧です: 大好きな先生に指された。:

« 転入生の笑顔 | トップページ | 中学受験に対する考え方 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ