最近のトラックバック

« 2004年10月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年11月

2004年11月26日 (金)

改革?改善?改悪?

昨今教育改革が急務だとか。
現場にもいろいろな波が押し寄せています。
新聞をにぎわせている「三位一体改革」やらなんやら、よく分からないのから
通勤手段や異動についてなど、生活に直結するものまで様々。
とりあえず難しい話はおいといて、生活に直結するものの話。

来年度から、自動車通勤が原則禁止になります。
あと、異動までの年限が短縮されます。
これらが待っている将来とはなんでしょうか。

まず、自動車通勤禁止について
確かに交通事故等がある、環境に優しい生活をする必要がある、
委員会がおっしゃることもごもっともですが、
小回りがきかなくなるのも事実です。
たとえば、「最近休みがちだから、顔を出しに行こうかな?」という回数が減ってしまったり、
「最近、学区で不審者が出たんだよね」と言いながら回り道をして帰ることができなくなったり、
「まだ帰っていないんですけれど、、、」という電話への対応が出遅れたり、
教材を買いに行くにしても、余計に時間がかかってしまったり
(その分、べらぼうな人件費がかかるんですよ)、

そんなことは必要ない、重要じゃないかもしれないけれど、
でも、子どものことを思うと心配になるもの。

異動年限について
異動年限短縮についても、今までは原則10年でした。
だから、5,6年の時に学校に来た先生は、20歳過ぎまでいる可能性があったのです。
と、いうことは、卒業生にとっても、懐かしい母校のことを話せる人が、そこにいるのです。
母校に遊びに行って、知っている先生がいるうれしさ、いない寂しさ。
いざというときに、たよりにされる先生もいます。(自分もそうありたい)
何かあったときの受け皿になります。それは、建物があるからではなく、
知っている先生がいるからなのです。
地域との連携、保護者との関係は一朝一夕でできあがるものでもなく、
学校という組織との関係があるだけではなく、人と人との関係なのです。

そんなこと、あなたたちプロでしょ、限られた年限でやりなさいよ、と言われても、、、
役所の受付業務とは訳がちがいます。紙やはんこをやりとりするのではなく、
生活、生きること、生き様をやりとりするのです。

お役所仕事で、人を育てていいのでしょうか。
(まあ、もっと広い見地から考えているのでしょうけど。
ぼくが子どもなら、保護者なら、地域の住人なら、、、さびしいなぁ)

2004年11月 7日 (日)

今回は体育館ネタ。(長縄)

いま、学級で長縄に取り組んでいます。3分間に8の字跳びで何回とべるか、競うのです。
よく、集会活動などであるのですが、6年生は市体育大会の種目としてあるので、それに向けて練習しているのです。

練習し始めは150回もいかなかった気がします。それが、、、
毎日毎日、練習を続けるうちに、180回(1分間に60回)、200回、240回と回数を増やしていき、
ついに328回の記録を出しました。(;´_`;)ウレシー
(ただ、休み時間の練習中の記録なので、全員そろっていないのが残念。)
さらに、上には上がいるのですが、、、

これまで、毎年のように取り組んできましたが、私自身も300回を超えたのは初めて。
あきらめずに、協力して、ねばり強くやり続ける事で、いくらでも可能性がある事を改めて教えられました。

練習に取り組み始めたとき
「楽しくやる(記録は二の次)」「記録を目指す(厳しい練習)」のどちらにするか、話し合いました。いろいろな意見が出された結果、「記録が出れば楽しい」になり、そうなるように協力してがんばっていこうということになりました。
300回を超えて、教室に帰るとき
「楽しいし、記録も出たし、最高だね。あのときの話の通りだね」と、話している声が聞こえました。

ちなみに、コツは
1 苦手な子をとべるようにする事
2 回し手は、縄を回すのではなく、跳び手を跳ばせてあげる感じで
3 無駄な動きはなくす(体をひねる、手を伸ばす、両足跳びなど)
4 集中する(みんなで数を数えるなど。一生懸命な表情の時程、いい記録が出る)

一人ひとりの粒がそろってくると、自然とひっかからなくなり、記録に結びつきます。
ゆっくりでも3分間ひとりもひっかからなければそれなりの記録が出ます。
ちなみに、ひっかかった原因はその数人前にあったりします。

今週、体育大会本番です。
本番でどこまでがんばれるか、楽しみです。

« 2004年10月 | トップページ | 2005年1月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ